Home > レンタルサーバー Archive

レンタルサーバー Archive

サーバー復活

  • 2008年10月 1日 水
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

昨日の夕方、やっとサーバーが復活しました。なので、このページのスキンを変更する作業が可能だったんですけどね。

さて、問題のサーバーってのはXREAです。サイトの表示は可能だったのですが、FTPとメールの送受信ができませんでした(僕の場合はメールを使っていないので、FTPが使えずに苦労したのですが)。

正味、三日間以上ダウンしていた模様です。

XREAのユーザー掲示板には「何とかしろ!」というクレームの嵐。確かに、何のアナウンスもないというのはいかがなもんでしょう。
せめて「ハードディスクの不具合により、対応中です」くらいの公式アナウンスがあっても良さそうなものです。個別に問い合わせをしたユーザーにはそういう内容の返信をしていたようでしたが。

しかしまあ、ユーザー掲示板に、「こういう返信がきましたよ」と書き込んでくれるユーザーがいて、他のユーザーがそれを見てある程度安心できるというスタンスは、これまでのXREAのやり方と何ら変わっていないような気もします。かなり、好意的な見方ですが。

サポートや情報交換のほとんどをユーザー同士でする、というのがここの方針なんですね。だからこそ、破壊的に安い。本当に、ちょっと考えられないくらい安いです。

僕の場合は趣味でウェブサイトを運営しているワケですから、レンタルサーバーにあんまりお金をかけたくありません。ウェブサイトに広告を貼ったりもしていますが、ほとんど収入なんてありません(これについては、後日書きます)。

ですので、今回のように不具合が起こった時にはグッとガマン(笑)。たまたまスキンを変更しようと考えていたタイミングだったのでFTPが必要でしたが、普段はほとんどFTPも使いませんし。
「仕事にならない!」と焦ったり、慌てて他のサーバーを借りてコンテンツを移転しようとしていたユーザーさんもいたようですが、僕から言わせたら「そんなに重要なサイトをXREAで作るからアカンねん」です(笑)。

もし僕が仕事でサイトを構築しなければならないとしたら、不具合が多くて、サポートや情報のアナウンスもほとんどないXREAを使うことはしませんね。
費用が高くついても、もっと信頼のおけるサーバーを借ります。

「安かろう悪かろう」の典型なので、こういうところをグッとガマンできるのであれば、通常に快適に動いている時は素晴らしくコストパフォーマンスのいいレンタルサーバーだと思います。
まあ、三日間のダウンというのはあまりにも長すぎますけどね。

FTP不具合

  • 2008年9月29日 月
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

いっそのことテンプレートを変えてみよう!100以上の記事を投稿しているこのブログ、このタイミングでテンプレートを変更したらどうなるのかな!?

・・・とまあ、テンプレートの変更を思い立ったワケです。あ、ちなみに『サイトリニューアル奮闘記』なんですけど、最近はメインのサイトリニューアル作業は滞っております。つまり、まだ完了していません(^-^;)。

けれど、まだ色々と試している段階なので、サイトリニューアルの方は時間があるときにぼちぼちやります。

で、 『迷曲探偵団』で使用しているVicunaというクールなテンプレートを使おうと思ったワケです。
最新バージョンをダウンロードして、関連ファイルをFTPでサーバーに・・・と思ったらFTP接続できませんっ!!

重かったサーバーもやっと使えるレベルの速さまで復活して、ここ最近はなかなか快適になったなあと思ったらこの始末。やっぱり、XREAは安かろう悪かろうなんですかねぇ。とにかく安いのが魅力だったんですけど、こうも不具合が多いと使いにくい・・・けど、今さら他に乗り換えるのも面倒だし。本当に困ります。

現在、ユーザー掲示板には僕と同じように「FTP接続でけへん!」とか「メールの送受信がでけへん!」とクレームの嵐です。どうやら問題は僕が利用させていただいているサーバーだけではないようです。

安い分、技術的なサポートは最低限でいいですよ。例えばMovableTypeの設置方法なんて、色んなXREAユーザーさんのサイトを参考にして、ド素人な僕にも何とかなりましたからね。

ですが、サーバーが思いとか繋がらないとか、本業の部分での不具合発生はとにかく迅速に対処して欲しいものです。

僕はまだ個人の趣味サイトだからいいようなものの、ビジネスされている方にとってはハッキリと金銭的な損失につながりますからねぇ。

速いサーバー

  • 2008年9月 8日 月
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

前回、サーバーが遅すぎて使い物にならん!・・・ってなことを書きました。
真偽のほどは分かりませんが、原因として考えられるのはスパムブログ

特にアフィリエイトなんかをしている人は、アクセス数が命です。どれだけ訪問者を集められるか。そして、アクセス数を確保するためのSEOの一つが、たくさんのブログを作ること。

普通に考えると、複数のブログサイトを持っていても、それを頻繁に更新するのは大変です。

そこで、ウェブ上から適当に単語を集めて、自動でブログを作って、どんどん更新させてしまう・・・というようなソフトがあるらしいのです。
頭のいい人は色んなことを考えますよねえ。

ま、勝手にしたらーってなもんですが、困るのは自動でばんばんブログを作る時のサーバーへの負荷。

そうなんです。ソフトが勝手に自動でどんどんブログを作ってどんどん更新するということは、それだけサーバーへの負荷が高くなって、処理が重くなる。同じサーバーを使っている人が迷惑するって寸法なんですね。

ここ1週間以上、めちゃくちゃ遅かった理由はここにあったのではないか、という話でした。

ところで、今日なんですが、ビックリするほど速い。XREAのサイトを見ても、特にメンテナンスの情報はアップされていませんでしたが、おそらく何らかの処置をしてくれたんじゃないでしょうか。

遅くて困っていた時は、一つのブログを投稿するのに、あるいは単に、ブログの一覧を見るのに、下手したら5分くらいかかっていましたが、今日は10秒もかかっていない感じです。

10倍以上早くなったってことです!!

・・・ってまあ、あの遅さが異常だったんですけどね。とにかく、この快適な速さが続いて欲しいものです。

重いサーバー

  • 2008年9月 3日 水
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

サイトリニューアルを思い立ち、どうせならレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して・・・と、進めてきたワケですが、レンタルサーバーを借りてからかれこれ3ヶ月ほどが経ちました。

前にも書きましたが、安い割にはサポートが最低限、自分で勉強して調べて何とかしてちょ的なスタンスのXREAを借りています。

これまでにもMovableTypeにログインして作業していると、動作が遅いことがあったのですが、ここ数日は特にそれがヒドい。
たった一つの記事の再構築さえできないくらいです・・・とゆーか、ログインできないことさえあります。

サポート掲示板にも「どうなってるの?」とクレームを書いておられるユーザーさんもいて、どうやら僕だけではないようです。
まあ、サイトが表示されないという最悪の事態に遭っていないだけマシかも知れませんが、とにかく、いくつかのサイトをすべてMTで管理しようとしているのに、MTが使えないとなるとレンタルサーバーを変えなければならないかも知れません。

もちろん、ド素人の僕にそんなことがすぐにできるとは思えないので、そうなるとまた色々と勉強しなければなりません。

本当に参りました。早く、前のように(前もそんなに速いと思ったことはないのですが)、ちょっと待つくらいで再構築してくれるレベルの速度に戻らないかなあ。

データベースの操作

  • 2008年8月 3日 日
  • MovableType | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

そもそも、MovableTypeを使おうと思ったら、データベースの知識はあった方がいいですね。え?僕?・・・そんなものはありません(^-^;)。
ただ、マイクロソフトのデータベースソフト『ACCESS』をちょびっと使ったことがあるので、何となく概念は分かります。

さて、タグクラウドに日本語を入力した時、それが複数になるとそのまま複数表示される不具合はデータベース側の設定にあるようで、それはこのページを読んで何となく分かりました。

ところが、リカバーのための作業をしようと思ったら、データベースのバックアップを取っておいて、一旦初期化しないといけないようです。

ちなみに、ブログの記事数はすでに3000を超えているので、これが万が一吹っ飛んでしまうとシャレになりません。

ですが、やってみることにしました。

データベースのバックアップを取っておいて、文字コードを変更し、初期化。それから復元。
かなり緊張しましたが、何とか復元してくれました(細かなバグがありましたけど)。

ところが、タグクラウドの方は何も変わらないままでした(ToT)。なので、タグクラウドは削除することにしました。ま、なくても大して変わりはないでしょう。

しかしまあ・・・骨折り損のくたびれもうけとはまさにこのことですね。

サブドメインのSEO効果

  • 2008年5月29日 木
  • MovableType | SEO | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

SEOの参考書で、深いディレクトリ構造にするとサーチエンジンに嫌われやすいので、できるだけ浅くした方がいいってなことを書いていたので、サブドメインを利用しようと思ったのですが、MovableTypeではデフォルトで深いディレクトリ構造を生成するようになっています。

しかも、本家のシックスアパートのサイトを見ても、深いディレクトリ構造になっています。MT4で色々と調べたくて検索すると、ちゃあんとシックスアパートのどこかのページが検索上位に現れるんですよね・・・とっても深いディレクトリ構造なのに。

SEO対策は一つではないのは当たり前ですが、こういう現象を見ると、ディレクトリ構造なんて大した意味がないのかも知れません。

けど、アクセス数も少ない弱小サイトを構築しようとしている身としては、効果がある、と思われる(または、噂される)対策はしておいた方がいいんでしょうねぇ。

サブドメインへのリンク

  • 2008年5月28日 水
  • SEO | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

さて、ちょっと話は逸れますが、SEO対策(に、なるのかどうかハッキリしないんですけど)として、

http://www.hogehoge.com/blog

というディレクトリ構造を取るよりも

http://blog.hogehoge.com

というようにサブドメインで見た目を違ったURLにした方が良い、ということを書きましたが、その場合、実際にはどういうディレクトリができて、どういうリンクをはればいいのか、事前に調べた範囲では分かりませんでした。

こういう場合は自分で試してみるに限ります。サブドメインは反映されるまで数時間かかることは経験したので、とりあえず「test.hogehoge.com」のようなサブドメインを作って数時間待ちました。

それで、FTPソフトで確認してみると、何のことはない、「test.hogehoge.com」というサブドメイン名そのままのディレクトリができるんですね。

となると、HTMLを書くときも「a href="test.hogehoge.com"」という記述をすればいいだけなんですね。

珍しく、何事もなく解決しました。

サブドメインのディレクトリ

  • 2008年5月25日 日
  • SEO | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

ちょっと話が逸れます。

例えばhogehoge.comというドメインを取得したとします。

このドメインでブログのページを作ろうとしたときに、

hogehoge.com/blog/

とディレクトリを一つ作るよりも、

blog.hogehoge.com

のようにサブドメインを使って、あたかも違うドメインのように見せたほうがSEO的にもいいし、「hogehoge.com」から「blog.hogehoge.com」にリンクをすると外部リンクとみなされるので余計にSEO的にいい、らしいんです。

ところが、この場合のディレクトリ構造ってのがどうなってるのか知らなかったし、どういう風にHTMLを書いたらいいのかも分からなかったので、FTPソフトで覗いてみました。

そのまま、「blog.hogehoge.com」という名のディレクトリが「hogehoge.com」の下にできていました。そして、HTMLでリンクをする時にも「a href="blog.hogehoge.com"」とすればリンクできました。

なぁるほど、これでまた一つ覚えた素人ちゃん。

MovableType4設置完了!

  • 2008年5月24日 土
  • MovableType | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

調べてみると、この現象で四苦八苦しているユーザーさんの多いこと!・・・ってか、数年前の情報ばかりですから、ほとんどの方は諦めたかその後成功したか。

けど、CGIファイルにアクセスしたら画面が現れずに「ダウンロードしますか?」ってどういうことなんでしょう。

本当だったらここでMT4の設定画面が現れてインストールが始まるハズなんです。色々と調べましたが、分かりません。Perlのパス名も、パスワードも間違えていません(実際にはサーバーのパスワードに変えてみたりと色々確かめましたが)。

で、数時間後にもう一度アクセスしたら、ちゃん設定画面が現れました。

こんなんばっかし!

だってそうじゃないですか。独自ドメイン、レンタルサーバーの色んな設定、データベース・・・すべて、反映されるまで数時間かかったってことです。そうとは知らずにその間「何でうまくいかへんのやろ?」と頭をひねってたんですから、ねえ。

とにかく、ここまで来たら後は簡単。画面の指示に従ってインストール完了。

ついに、MT4の設置ができました。

MovableTypeのインストールができない

  • 2008年5月23日 金
  • MovableType | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

データベースの設定がうまくいったかどうか分かりませんが、とにかくまあ「XREAでMTを!」さんを参考にMTをインストールしてみることにします。

作業自体は大して難しくありませんが、やっぱりその内容には戸惑いを隠せません。

まず最初にMT4のサイトからファイルをダウンロードして解凍。次に、必要なCGIファイルの中身を書き替えるのですが、これが問題。

曲がりなりにもCGIを作ったことがあるのでそれ自体に問題はないのですが、「データベースの接続設定」がよく分からない。

だって、データベースの設定がうまくできているかどうかもこの時点では分かっていないし、幾分焦って作業していたので「データベースのユーザー名?パスワード?これって、サーバーのとは別?」って感じです。

とにかくまあ設定した後はサーバーに大量のファイルをコピーして属性の設定。ま、そんなに難しくはありません。

で、いよいよmt.cgiにアクセスします。

すると、現れた画面はポップアップウィンドウで「ダウンロードしますか?」ですって。何でぇ???

データベースの設定

  • 2008年5月22日 木
  • MovableType | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

サブドメインの設定、うまくいきました。ってか、何も間違えていなくて、サーバーに反映されたのが数時間後だったのです。それだけです。

でも、「3から5分後に反映されます」なんて書かれるとそれを頭から信用ちしゃうのが素人なんですよ。一言、「数時間かかる場合もあります」と書いていてくれれば安心できるのに。

で、次はいよいよMovableTypeを導入するための下準備です。まずは、データベースの設定から。

この準備には「XREAでMTを!」サイトさんを参考にしました。ちょっと話は逸れますが、MTは今年の初めにVersion3から4にアップされて(いわゆるMT4って言うんですけど)、そのために色んなサイトを調べてもまだMT4について書かれているところは少ないんですよね。その点、このサイトではMT4の導入方法が解説されているんです。

で、書かれている通りにデータベースであるMySQLの作成(初期化?)をするんですが、これまたXREAの管理画面が分かりにくい。

この設定がうまくできているかどうかは、MTをインストールしてみて動くかどうかで確かめるしかなさそうです。

サブドメインの設定

  • 2008年5月21日 水
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

ヤキモキしたのですが、翌日には何とか独自ドメインにアクセスできました。設定内容はほとんど理解していませんが、正しかったようです。

では、次にサブドメインの設定。これも、どうするか分かりません。しかも、これについて丁寧に解説されたサイトも見つかりませんでした。

とにかくまあ、管理画面の「Sub2」ってところの空欄に、作りたいサブドメインを入力してみました。

すると「3から5分で設定されます」とのこと。いちいち時間がかかるんやねえ。

設定されると「/public_html」のフォルダにおそらく何らかの名前のディレクトリが勝手にできちゃうってことなんやろな。そうするとFTPソフトで接続して、ディレクトリができたかどうかを確認してみたらいいんやな。

そう思って5分後くらいに接続してみましたが、何の変化もありません。10分後に再確認しても何の変化もありません。

どこがどう間違ってるのか分からんよ(ToT)。

独自ドメインでアクセス

  • 2008年5月20日 火
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

設定した内容が正しいかどうかは、実際にネット上で取得した独自ドメインにアクセスできるかどうかで確かめるしかありません。

まずはFTPで「/public_html」に仮のindex.htmlファイルを放り込んでみます。本当のド素人だったらこれさえどういう意味か分からないでしょうけど、曲がりなりにも自分でHTMLをしこしこ書きながら9年以上もサイト運営してきた身ですから、これくらいは分かります・・・ってか、これが分からないと自分でサイトを持つのは難しいですね。不可能ってワケじゃないですけど。

とにかく、そんな難しい作業をしたワケではありません。自分のパソコンのとあるファイルをサーバーにコピーしただけですから。

で、早速独自ドメインにアクセスしてみます。

・・・・・・。

・・・・・。

・・・・。

表示されませんでしたあ(ToT)。

エラー表示ですヨ。ところがここで問題が一つ。

設定内容が反映されるには「24-48時間かかります」とあります。つまり、設定してすぐだとその内容が正しかったかどうかは分からないんです。反映するのに1ヶ月以上かかった例もあるそうです。

やっぱり、参ったなあ。

レンタルサーバーの設定(DNS)

  • 2008年5月19日 月
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

さて、お次はIPアドレスの設定とDNSの設定・・・て、また分からん単語が(+o+)。聞いたことはあります。曲がりなりにも自分で何とかインターネットの接続設定をしたワケだから、その時に「TCP/IP」だの何だのというところでDNSを聞いたことはあるんです。

素人的な解釈としましては・・・。

1.独自ドメインを取得しましたあ!けど、これは単に登録しただけであってこの時点では他の人にそのURLを使われることはないということ。

2.じゃあ次にそのURLを使うためのサーバーをどこにするか決めましょう!ってんで、レンタルサーバーを借りました。

3.借りたレンタルサーバーにIPアドレスを設定しまーす!ってこのあたりからよく分からん。こんなもんはあらかじめ設定されてるもんでもないんですかねぇ。

4.さて、いよいよそのサーバーにドメインを設定しまーす!って、これが取得した独自ドメインを借りたサーバーに割り当てるってことなんですかあ?

設定された画面には「a * xxx.xxx.xxx.xxx」とか「mx @ xx」とか「txt @ v=xx ... ip... ~all」なんてワケの分からない文字が並んでいます。しかも、僕にはこれが正しいのかどうかさえ分かりません。

参ったなあ。

レンタルサーバーの設定(WHOIS)

  • 2008年5月18日 日
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

昨日は「Value-Domain」って書いたけど、「XREA」なんかな、借りたサーバー。会社が同じようなので違いがよく分かりませんが、ま、どっちでもいいです(笑)。

とにかく「したいことは自分で何とかしろ」的なスタンスのこの会社なんですが、他のレンタルサーバー(のことはよく知らないんですが)と違って、サーバーを使えるするようにする設定までユーザーがしなければなりません。

いちばんお世話になったのは「XREAビギナーズガイド」さんのサイト。

サイトに登録するところから解説始まる親切さです。ところがいきなり躓きます。「無事に独自ドメインが取得できたら次はWHOISの設定です」とあるのですが、こんなん初耳です(ToT)。

しかも、XREAの管理画面が変更になったようで、解説とちょっと違うところがあります。初心者にとってはこういう違い一つで困惑するんですよねぇ。

まずはWHOISについて調べ、何となく分かったような、そうでないような・・・とにかく、設定完了しました。

サブドメインの種類

  • 2008年5月17日 土
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

レンタルサーバー選びでも書きましたが、サブドメイン。もちろん今までこういう作業をしたことがないので、右も左も分かりません。

そもそも、レンタルサーバーを選ぶ時にも戸惑ったのですが、サブドメインって2種類あるんです。

1.独自ドメインを取らない場合、レンタルサーバーで用意されたサブドメイン。

僕は「うめ」ですから、umeというIDでレンタルサーバーに契約し、そこで用意されているhappy.jpというサブドメインを利用するとしたら、僕のサイトのURLは「http://ume.happy.jp」となるワケですね。 そこにブログのページを作りたかったら、「http://ume.happy.jp/blog/」のようになるワケです。

2.独自ドメインを取った場合、その前に付くサブドメイン。

僕がume.comというドメインを取得して(ちなみにこのドメインはすでに存在します。もちろん僕じゃないです)、ブログのサブドメインを作りたい場合、「http://blog.ume.com」というURLにしたいワケです。見た目、別のサイトのような。

もちろん今回は2に挑戦するワケです。

独自ドメイン取得!

  • 2008年5月16日 金
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

ついに、独自ドメインを取得してしまいましたあ!

あんまり計画的ではなかったです。ちょっと前から希望のドメインが空いているかどうかのチェックはしてました。もっと正確に言うなら、何年も前にチェックしたこともありますが、誰も取りそうにないドメインなので安心していました。

それから、レンタルサーバーも1年契約完了!いよいよ、リニューアルとお引越しが少しずつ始まります。 

ってか、さっきも書いたように計画的ではなくてどっちかと言うと発作的だったので、これから頑張らないといけないんですけどね。

ちなみに、レンタルサーバーは『Value-Domain』さん。ネットの口コミ情報によると、「めちゃくちゃ安いけれどサポートは一切なし!」というようなスタンスらしいです。各種設定はほとんど全部自分でしなくてはならないんです。

設定方法を解説してくれているサイトもあることですし、素人がステップアップするためにも自分で頑張ってみようかと思います。 

格安レンタルサーバーの不思議

  • 2008年5月13日 火
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

企業向けとかビジネス向けの高いレンタルサーバーはそれなりに収入があると思いますが、格安のレンタルサーバーって一体どうやって収入を得ているんでしょう?

だって、安いところなんて、月に200円とか300円ってところがあります。年間に数千円ですよ。

仮に年間3000円だとしたら、ユーザーが100人いて30万円。これじゃあ、ビジネスとして成り立たないですよね。少なくとも10000人くらいのユーザー必要でしょう。

でも、そうなるとそれなりのサーバーを用意しないと、ユーザーは離れてしまいます。特にスピードが遅いとかよく落ちるとか。

本当に、どうやって成り立っているのか、不思議・・・だけど、そういうサーバーを探してるんですけどね。

レンタルサーバー選びのポイント・その3

  • 2008年5月12日 月
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

意外にも、レンタルサーバー選びに時間がかかりました。

他にも気にしなければならないところがありました。

それは、速いかどうか、です。僕の場合はMovableTypeを導入しようと思っているので、「再構築」という作業がどうしても必要になります。

単にサーバーを借りてブログを書くだけだったら、有名どころのロリポップチカッパ、あるいはさくらインターネットなどは安くてお手軽でいいんでしょうね。探せば他にもたくさんあります。

ところが、こういう有名どころはユーザーも多い。そうなると、割り当てられたサーバーによっては再構築に時間がかかる場合があるようなのです。時間がかかるだけならいいかも知れませんが途中で止まってしまったり、最悪の場合はデータがなくなったり。

あくまでもネット上の書き込みだけの情報なので、どれだけ信憑性があるのか分かりませんが、ひょっとしたらそういうこともあるんでしょうね。

となると、あんまりユーザーがいなくて、安くて速い、吉野○のようなレンタルサーバーが必要なんですけど、そんなん、あるんかな。

レンタルサーバー選びのポイント・その2

  • 2008年5月11日 日
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

僕の場合、他にも選ぶポイントがあります。

まず、サブドメインが使えるかどうか。これはSEOの本を読んだ時に書いてあったことなんですが、ディレクトリ構造を深くするよりも効果的だと。

例えば、www.honyarara.comというサイトがあったとします。ここにブログのページを作る場合に

www.honyarara.com/blog/

というディレクトリを作ってそこにindexファイルやその他のファイルを置くよりも

blog.honyarara.com

とした方がいいと。サーバーでのディレクトリの階層は同じでも、サブドメインを使うと別個のサイトに見えるのでSEO対策としては効果的なんだそうです。上の場合だと、○○○.honyarara.comの○○○に当たる部分をサブドメインと言うんですね。

これもレンタルサーバーによって自由にできたり、一つあたりの費用が初期だけ発生したり、月々で発生したり、色々です。

もう一つは、データベース。基本的にはMySQLが使えるかどうか、ですね。

借りたサーバーでMovableTypeやWordPressを使いたいという僕のような場合は、このデータベースが使えないといけないワケですが、これもやはりレンタルサーバーによってあったりなかったり、あるいは用意されているプランによって使えたり使えなかったり、個別に費用が発生したり。

とにかくまあ、レンタルサーバーを選ぶという単純に見える作業でも大変ってことです。長いお付き合いになるかも知れないですしね。

レンタルサーバー選びのポイント・その1

  • 2008年5月10日 土
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

もちろん、安いに越したことはありません。今のサーバーが月735円ですから、少なくともそれより安い方が嬉しいです。さらには独自ドメインの取得費用や管理費用を合わせても月平均にして735円以下だったら万々歳です。

容量についてはさほど気にしてなかったのですが、さすがに300?500MBは欲しいかな、と思っています。

中には50MBというようなところもありますし、無制限ってところもあります。色んなファクターがあるので、選ぶのも一苦労ですね。

あと、数字には表れにくいですが、安定性。

9年以上使っている今のサーバーは過去に何度か重くなるようなことがありましたが、安定性という意味では二重丸です。

なので、年に数回フリーズしたり、メンテナンスがあったり、というようなサーバーでは困ります。こういうのは口コミ情報を見たり、実際にサイトに行って過去のトラブル履歴なんかを参考にしました。

出会い系サイト

  • 2008年5月 9日 金
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

色々と調べて、とあるレンタルサーバーに申し込みをしました。

サポートは基本的にメールのみで、サブドメインの設定をメールで依頼すると、そのサブドメインからどういうサイトを公開しようとしたのかが分かった様子で、以下のような返事が返ってきました。

なお、「出会い系サイト」、或いはそれに類似するコンテンツ、それらのサイトへのリンクは禁止事項とさせていただいておりますので、もし万が一該当してしまう場合はご注意下さい。

あれまー。

ちなみに僕のサイトは「出会い系サイト」ではありません。ですが、リニューアルの際に訪問者に素敵な出会いをして欲しくて「ここなら安全」と思われるような「出会い系サイト」を紹介するような(いわゆるアフィリエイトの)ページを作りました。

僕だって訪問者の方にイヤな思いをして欲しくはありません。ですので、紹介するサイトは自分なりに選びました。自分がアフィリエイトで儲かればそれでいい、というスタンスでは決してないんです。悪徳業者が蔓延(はびこ)っているようなサイトになんかリンクしたりしません。

ところが、健全なサイトでも、とにかく出会い系サイトにリンクをするだけでもダメですと。

まあ、それくらい厳しく公序良俗に配慮するのはいいことですけどね。

仕方ないのでそこのレンタルサーバーは諦めて他を探したのですが、結構あるもんですね。『禁止事項』に出会い系サイトを作っちゃダメ、出会い系サイトにリンクしてもダメっていうレンタルサーバーが。

やっぱり僕は世の中の流れから取り残されているようです。

素人の定義

  • 2008年5月 6日 火
  • CSS | MovableType | SEO | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

僕は自分のことを素人と言うし、実際、卑下しているワケでも何でもなくて本当にそう思っています。けど、これは何をもって素人と定義するかってことで、はっきりと明確なラインなんてないですよね。

例えば、多少なりともHTMLが書けます。そういう意味では素人ではありません。ホームページ作成ソフトなんて一切使わずに、それこそ「HTMLって何?」っていうレベルの頃から独学で、エディタでしこしことHTMLを書いていたのですから。

CSSもちょっとくらいは分かります。先月から勉強を始めたので、数年前よりは分かるようになりました。

じゃあ、何が素人なんやろ?

SEOは言葉を知っていただけで、先月一冊本を読んで何となく分かりました。まさか、HTMLの記述の仕方がサーチエンジンに影響するなんて思ってもみませんでした。だから、SEOについてはまだ素人。

レンタルサーバーはもちろん言葉どおりなので意味は分かりますが、最近の動向についてはまったく知りませんでした。容量や料金は基本ですが、自作のCGIが使えるとかSSIが使えるとか。この辺りは知識があったけど、データベースが何だとかPleskがどうとか、ネットで調べていると分からない単語もいっぱいありました。だから、まだ素人レベル。

MovableTypeやWordPressに至っては、最近言葉を知ったくらいなので、素人と言ってもいいくらいです。

そういう、偏った分野での素人が果たしてどこまでできるのか、見ものですよ?(って誰に言うとんねん)。

独自ドメイン

  • 2008年4月17日 木
  • サイトリニューアル | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

レンタルサーバーはどこがいいんやろ?・・・と思いつつ、色々調べていると、もう一つの選択肢に行き当たりました。

それは、独自ドメイン

何と、年間1000円とか2000円で独自ドメインが取得できたりするんですよ、奥さん。安いレンタルサーバーを借りて、独自ドメインでサイトを持って、ほんでもって、今現在、昔のプロバイダで借りている容量の少ないサーバー代より安くつくかも知れないんです。

そんなん、そっちの方がいいに決まってますがな。

サイトをリニューアルするからと言って、サイトのタイトルまで変えるつもりはありません。独自ドメインを取得するとしたら、当然サイトのタイトルである「ぷらむずぶっく」をそのまま英語にした「plumsbook」を使えばこれは覚えやすいですね。

まず早速調べてみると、comであろうとnetであろうと「plumsbook」は空いていまッス!全世界の何十億人の中で誰一人としてこのドメインを持っている人はいないということなんであります。

快挙ですな(何が?)。

レンタルサーバーを借りよう

  • 2008年4月16日 水
  • サイトリニューアル | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

一旦思い立ったら突き進むのが僕の性格です。

まあ、すぐにというワケではないけれど、最終的にはレンタルサーバーを借りよう、そう思ったのでした。

何しろ、その昔のプロバイダには今でもサイトを維持するだけで月に735円(税込)払っています。しかも、容量はたったの100MBです(とっくに超えてるんじゃないかという気がしないでもないんやけど)。

ちょこっと検索すれば、レンタルサーバーなんてもっと大容量で月に数百円のところがゴロゴロと見付かります。

これは、利用しない手はないですよね・・・年に数千円の節約にしかなりませんが。

よく考えたら、昨年はサイトを閉鎖しようなんてことも考えてました。日記くらいしか更新していないし、サイト運営に魅力も感じなくなっていたし。

変われば変わるもんです。閉鎖どころか、リニューアルしよう、しかもレンタルサーバーを借りようなんて思ってるのですから。

レンタルサーバーは、どや?

  • 2008年4月15日 火
  • サイトリニューアル | レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

さて、本家ぷらむずぶっく、プロバイダのサーバーを使っています。

おそらく10年以上前になるでしょう。インターネット接続をするためにプロバイダに加入しました。あの頃はダイヤルアップ接続でしたね。

で、ついでと言っては何ですが、サーバーも貸してくれてたのでそのスペースに自分のウェブサイトを持ったんです。

今となっては別のプロバイダで光ファイバーでインターネットをしていますので、最初のプロバイダは解約してもいいんですけど、一つ厄介なのが自分のウェブサイト。解約してしまうと、そこに存在するファイルたち(コンテンツ、と言いますね)をどこか別のサーバーに移動しなくてはならないし、後先考えずに作ったページの中には絶対パスでリンク先を指定してたりもします。

単にファイルを移動するだけではなくて、ファイルの中身も修正しないといけない。これは本当に大変。

なので、昔のプロバイダのアカウントでインターネット接続はしてませんが、単にウェブサイトを保持するためだけに利用しているのです。

が、サイトをリニューアルするのも大変。どうせ大変なことをするのなら、いっそのこと他にレンタルサーバーを借りよう。

そう思いました。

1

Index of all entries

Home > レンタルサーバー Archive

Search
Feeds


ジオターゲティング
Started to count from
2008.10.01

Return to page top