Home > レンタルサーバー > サーバー復活

サーバー復活

  • 2008年10月 1日 水
  • レンタルサーバー
  • この記事をはてなブックマークに追加 この記事ををYahoo!ブックマークに追加" このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 Buzzurlにブックマーク

昨日の夕方、やっとサーバーが復活しました。なので、このページのスキンを変更する作業が可能だったんですけどね。

さて、問題のサーバーってのはXREAです。サイトの表示は可能だったのですが、FTPとメールの送受信ができませんでした(僕の場合はメールを使っていないので、FTPが使えずに苦労したのですが)。

正味、三日間以上ダウンしていた模様です。

XREAのユーザー掲示板には「何とかしろ!」というクレームの嵐。確かに、何のアナウンスもないというのはいかがなもんでしょう。
せめて「ハードディスクの不具合により、対応中です」くらいの公式アナウンスがあっても良さそうなものです。個別に問い合わせをしたユーザーにはそういう内容の返信をしていたようでしたが。

しかしまあ、ユーザー掲示板に、「こういう返信がきましたよ」と書き込んでくれるユーザーがいて、他のユーザーがそれを見てある程度安心できるというスタンスは、これまでのXREAのやり方と何ら変わっていないような気もします。かなり、好意的な見方ですが。

サポートや情報交換のほとんどをユーザー同士でする、というのがここの方針なんですね。だからこそ、破壊的に安い。本当に、ちょっと考えられないくらい安いです。

僕の場合は趣味でウェブサイトを運営しているワケですから、レンタルサーバーにあんまりお金をかけたくありません。ウェブサイトに広告を貼ったりもしていますが、ほとんど収入なんてありません(これについては、後日書きます)。

ですので、今回のように不具合が起こった時にはグッとガマン(笑)。たまたまスキンを変更しようと考えていたタイミングだったのでFTPが必要でしたが、普段はほとんどFTPも使いませんし。
「仕事にならない!」と焦ったり、慌てて他のサーバーを借りてコンテンツを移転しようとしていたユーザーさんもいたようですが、僕から言わせたら「そんなに重要なサイトをXREAで作るからアカンねん」です(笑)。

もし僕が仕事でサイトを構築しなければならないとしたら、不具合が多くて、サポートや情報のアナウンスもほとんどないXREAを使うことはしませんね。
費用が高くついても、もっと信頼のおけるサーバーを借ります。

「安かろう悪かろう」の典型なので、こういうところをグッとガマンできるのであれば、通常に快適に動いている時は素晴らしくコストパフォーマンスのいいレンタルサーバーだと思います。
まあ、三日間のダウンというのはあまりにも長すぎますけどね。

関連エントリー

Comments:0

Comment Form

画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://plumsbook.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3631
Listed below are links to weblogs that reference
サーバー復活 from サイトリニューアル奮闘記 - 『ぷらむずぶっく』

Home > レンタルサーバー > サーバー復活

Search
Calendar
« 2008 10 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Feeds


ジオターゲティング
Started to count from
2008.10.01

Return to page top